離婚協議書作成サポート


離婚を考えている。

離婚をしたらどうなるの。

離婚の手続きは何をしたらいいのかな。

日本ではお互いに協議して離婚する協議離婚の割合が9割ほどだといわれています。離婚するときに夫婦の間で親権や養育費についてどうするか取り決めることがありますが、言った言わない、とならないために、「離婚協議書」の作成をお勧めしております。

離婚協議書とは、協議離婚のときに夫婦間で離婚の条件を確認するための契約書となる書類です。



離婚協議書作成の流れ

STEP1

お電話かメールでお問い合わせ

お問合せについては無料です。ご要望に合わせて今後の具体的な面談or相談日時を決定します。相談は1時間につき7,700円の当日払いか前払いです。面談までは考えていないけれど、質問してみたいことがあるという方も、お気軽にお問い合わせください。

 

STEP2

面談or電話相談orメール相談

具体的な相談をさせていただきます。相談料は有料です。相談前に相談料(1時間7,700円、メール相談は1往復5,500円)を振り込んでください。面談の場合は当日現金でお支払いいただくこともできます。なお、面談の相談後に正式にお申込みいただいた方は、相談料の後日お支払いも可能です。

相談時又は相談後にお見積もりをさせていただきます。契約書と委任状をお渡し又は郵送いたしますので、お申込みされる方は署名・押印の上、弊所までご返送ください。

また、面談or相談の際には弊所作成の為の前提条件をお伝えしますので、ご検討の上お申し込み下さい。

(作成条件)

・離婚協議書作成のための協議項目のシートをお渡しします。

・御夫婦で話し合って、ご夫婦揃って協議した内容を当事務所へお伝えいただくこと。

・ご本人確認のため、写真付き身分証明書をご持参下さい。

(作成期間)

作成条件が満たされた場合、3~10営業日

(報酬)

通常条項のみの場合、55,000円

 

STEP3

離婚協議書作成

お申込みから5営業日以内に現金またはお振込みで料金をお支払いください。入金確認後、ご依頼の業務に着手いたします。

離婚協議書案を作成します。3~10営業日を目安としてください。

離婚協議書に記載する内容によっては、お客様に不動産の権利書などのご提示をお願いすることもあります。

離婚協議書の内容をご確認いただき、修正いたします。

離婚協議書のみ、その他の書類作成の場合は、完成した書類をお渡ししてご依頼業務は終了となります。

 

 公正証書の作成までをお申込みの方は、公正証書を作成するために必要な書類のご準備をお願いいたします。事前にリストをお渡しいたします。ご希望の方にはオプションサービスとして必要書類の取得代行もしております。

 



公正証書作成の流れ

STEP1

公正証書作成打ち合わせ

できあがった離婚協議書を公正証書にするために、公証役場の公証人と行政書士が事前打ち合わせを行います。1~2週間を目安としてください。*公証役場の混み具合によってはもっとかかる場合もあります。ご了承ください。

公正証書作成当日にお支払いいただく公証人手数料が決定いたしましたらお知らせいたしますので、当日までにご準備ください。

報酬:55,000円(離婚協議書作成とセットの場合は22,000円) 

※行政書士が公証役場に立ち会う場合は別途11,000円

その他:実費+手数料

 

STEP2

公正証書作成

事前に予約した日時に公正証書作成手続きを行います。

ご夫婦そろって、公証役場にお越しいただきます。(行政書士が公証役場に同行します。)

事前にお知らせしていた公証人手数料をお忘れなくお持ちください。

完成した公正証書を受け取って、ご依頼業務は終了となります。

 


報酬について

ご相談       

1時間につき7,700円

メール相談     

1往復につき5,500円

 

離婚協議書作成   

通常条項のみの場合 55,000円

 

公正証書作成    55,000円

※離婚協議書作成とセットの場合22,000円

立ち合い      11,000円

 

※その他 手数料など実費がかかります